転職活動と円満退職について

転職活動をして内定をもらっていよいよ退職というときの最後の難関が円満退職をすることです。転職後にさっぱりとした気持ちで仕事に取りかかるためには、現在の会社を円満に退職することが大事です。直属の上司に退職の意思を伝える時は、あまり忙しいタイミングにならないようにしましょう。円満退職のためにも、業務に差し支えないように忙しい時期はなるべく避けたほうが無難です。転職は生活に関わる重要な問題なので家族とよく話し合っておくことも必要です。転職も、退職も、家族の理解が欠かせません。退職することが正式決定するまでは、社内の人には話さないようにしましょう。円満退職をするには、曖昧な情報が社内に流れることがないようにする必要があります。退職を決めたら直属の上司とよく話し合ってお互いが納得できる日を退職日に設定しましょう。仕事の引き継ぎや転職先への入社日などを考えてきめます。円満退職も重要ですが、次の会社に行く日を予定どおりの日にすることも心がけましょう。円満退職をするなら、しっかりと仕事は引き継いでおくことです。当人がいなくなってから評価が左右されることもあります。今までの信頼を失うことのないように引き継ぎはしっかりと行いましょう。余裕をもって退職ができるように、最終出社日の3日前までにやるべきことを終わらせます。現在の会社を円満に退職するためには、退職日当日まで社員であるという意識を持って丁寧に仕事を続けることでしょう。
サイトはこちらから

転職活動と円満退職について